保険見直し相談

保険料は家計コストのNo.2?

一般的な家計コストにおいて、最も高いのが住宅ローンで、その次に高いのが生命保険と言われております。
死亡保険、医療保険、年金保険、がん保険、学資保険など、毎月数万円と高い出費になります。
住宅ローンを借りると団体信用生命保険(団信)に入ります。
団信は死亡時に住宅ローン残高が完済になります。
よって、死亡保険の補償額が、家賃や住宅ローンの住居コストを含めた金額で設定されていた場合は、その分の補償額を引き下げることができ、保険料も下がります。

団信も見直し対象?

住宅ローンとセットで入る団信ですが、年齢によりますが収入保障保険に切り替えることで、保険料が下がる場合があります。
ただし、民間の金融機関で住宅ローンを借りている場合は、この方法が使えず、住宅金融支援機構のフラット35(固定金利)で借りている場合のみ見直し対象となります。

所得補償保険と収入保障保険

収入保障保険は死亡や高度障害になった場合に、残された家族のための保険です。
一方、所得補償保険は病気やケガで仕事ができなくなった場合に、所得の減った分を補う保険です。
リスクの可能性としては、死亡や高度障害になるよりもよりも、病気やケガになる確率の方が高いと言えます。
ですので、万が一に備え、こういった保険へ加入しておくことも検討してみては如何でしょうか。

火災保険も見直し対象?

お客様に火災保険の内容を聞いた場合、今まで内容を答えられた方はほとんどいません。
住宅購入時に何となく勧められて加入しているためです。
最近は、地震リスクや、異常気象による風災・水害など自然災害リスクも多発しております。
一度、火災保険の内容も見直したうえで、余計な保障は解除し、必要な保障は追加するということも重要です。

積立型医療保険

医療保険のほとんどは掛捨てタイプです。
しかし、積立型の医療保険という商品も最近、販売されております。
例えば、住宅ローンの借り換えによって、浮いた金額を活用し、保険に加入するというのも一つの方法です。

 

 

ご相談・ご依頼は、下記をクリックのうえ、お申込み下さい。

PROFIT_HP_SERVICE-5

 

 

ページ上部へ戻る